施設での医療

木の花さくやでは、嘱託医、看護師、介護士それぞれの役割で、高齢化、重度化のすすむご入居者様像に
対応すべく、医療連携に注力しております。

施設入居の方は・・・
施設には、嘱託医が配置されており、具合の悪い方を中心に回診をいたしております。(週4回、2名の医師による回診)
施設ご入居の際には、嘱託医の健康管理の責務のため、主治医として嘱託医に関わっていただくようお願いしております。
今までかかられた医療の情報等を、担当医より当施設嘱託医へ情報提供していただくよう、ご協力をお願いいたします。
疾患内容によっては、嘱託医がお受けするよりも、継続して今までの医療機関に受診いただく形をとる場合がございます。
受診の際には、情報提供や付添等、なるべくのご協力をお願いいたします。
ご入居の方は、年に2回、ご入居の方の健康診断を実施しております。

緊急の受診が必要な状況の際には、過去に同様の疾患等があり、かかった医療機関がある場合には、そちらへ受診または救急搬送を
問い合わせさせて頂いております。
協力医療機関として、筑波記念病院、谷田部診療所と契約をしております。
(ただし、救急搬送の受け入れ等につきまして、各医療機関の状況等によりますので、お約束をするものではありません。)
そのほか、定期的に、梶塚歯科医院、皮膚科のわたひきクリニック 往診いただいております。

ショートステイ木の花さくやご利用の方は・・・
施設の嘱託医の診察を受けることが可能ですが、基本的にはご自宅にいらっしゃる方がショートステイをご利用であるという前提から、
施設嘱託医ではなく、普段よりかかられている主治医の方に診察等お願いすることがふさわしい状況と考えております。
施設にいらっしゃる間、不安の無いように配置する状況ですので、定期的に嘱託医の診察を依頼したい方はご相談ください。

--お願い--
ご利用中に、突然の医療機関受診の可能性もございます。
介護保険証だけでなく、医療保険証、診察券等も滞在中お預かりさせて
頂くよう、ご協力をお願いいたします。
なお、それらの個人情報につきまして、受診することが発生した際には、医療機関等にご連絡させていただいております。