ご挨拶‎ > ‎ニュース‎ > ‎

平成26年度の取り組み

2015/03/08 16:57 に 今高哲生 が投稿
平成26年は、外部の方に非常にお世話になっております。

特に、テクノエイド協会様による、福祉用具・介護ロボット実用化支援事業にて、
モニター調査事業、アドバイス支援事業として、2つの案件に参加させて頂きました。

 

(株)TOTO様


ベッドサイド水洗トイレ のモニター調査パートナーとして、施設で2台配置しています。
http://www.toto.co.jp/products/ud/bedsidetoilet/

TOTO様のリサーチでは、高齢者のトイレ利用は、就寝後の夜間5回だそうです。
2時間に1回位でしょうか。
ポータブルトイレは匂いが染みついてしまうんですね。
ポータブルトイレのような後処理が必要なく、しかも匂いが無いです。
職員も労力軽減されています。
ご本人様も、頑張ってトイレに座ってくださっています。

すごいトイレだ!
 

株式会社 アクティブコンピュータエンジニアリング様

みまもりカメラの会社さんです。
http://www.ace-go.co.jp/mkamera.htm

介護の為の見守りカメラシステムを開発していらっしゃいます。
アドバイス支援事業として、私共と意見交換くださいました。
開発をお考えの商品は、可愛い犬のぬいぐるみロボット。
おじいちゃんおばあちゃんのあとを、ヨチヨチついてくる!

現在、施設でも離床センサーなどを使っていますが、カメラ映像をうまくつかって
危険度合をフィルター、安全な活動には反応しない、危険は必ず知らせるシステムは
現場で非常に役立つと思います。




そのほか、日頃使わせて頂いているおむつメーカーさんの新商品開発の調査にも
参加できました。
これからの介護に、お役に立てたようで、とてもうれしく思います。
皆様、ありがとうございました。


Comments