理念 「笑顔の花を咲かせる」


  命名 「木の花さくや(このはなさくや)


 施設開設予定地は山林でした。道路付近に、まっすぐに伸びる山桜の木がありました。
山桜について調べると、古事記にも登場する「木花之佐久夜毘売(このはなさくやびめ)」が富士山から山桜を日本中にまいたという伝説があるようで、私共の施設の繁栄を願い、「木の花さくや」と命名いたしました。


  この気持ちを理念に


理念は、施設名称のヒントとなった山桜の木になぞらえました。
入居者様、ご家族様、私たち。関わる方々の笑顔が見られますように。
日本中に桜が広がっていった物語のように、私たちも「笑顔の花を咲かせる」よう、全職員、思いやりを大切に従事してまいります。